ホーム > よくある質問・お問合せ > よくある質問詳細

よくある質問・お問合せ

皆様から多く寄せられる質問をピックアップしてみました。是非ご参考になさって下さい。

床表面の擦り傷や汚れの手直しは

フローリング表面の損傷の補修は、傷や汚れの種類や程度により異なります。

状態 作業 詳細内容
ワックス表面の擦り傷 ワックス
再塗布
小さな擦った傷で、光線の加減で目立つ程度でしたら、樹脂ワックスを塗布しますと、光沢が蘇り元に戻ります。既存のワックス塗膜を剥がさずに、そのまま上塗りするだけですので、手間暇もお金も時間も最小限に抑えられる、賢明な方法でお勧めです。
 一般用 床用ワックス 商品一覧
 業務用 床用ワックス 商品一覧
ワックス表面の汚れ 洗浄剤 下記中性洗剤は、床材を傷めないクリーナーですので、これで落とすことができれば、一番無難な方法です。
但し、ワックス膜に入り込んだ汚れでしたら、クリーナーでは取れませんので、下記のようにワックス膜を剥離するしかありません。
 「ウッドクリーナー」
 「ワンにゃん除菌床用クリーナー」
ワックス膜自体の汚れ
ワックス膜自体の損傷
ワックス膜の剥がれ 
剥離 床材にまで達していない傷や汚れで、ちょっとした程度でしたら、上記のように、樹脂ワックスを再塗布しますと、光沢が蘇り、かなり目立たなくなります。床材を傷めずに手直しができる、もっとも簡単な方法です。
但し、完全に綺麗にしたい場合は、作業はちょっと大変ですが、部分的にワックスを剥離してから、ワックスを再塗布すれば完璧です(床材を傷めないようご注意下さい)。
 「樹脂ワックス剥離剤 TC-1」
 「高性能剥離剤 パピヨン」
木質の変色・シミ・カビ 漂白 カビやシミ等により、木材そのものが変色してしまった場合は、中性洗剤で落とすことはできません。「洗剤」ではなくて、「漂白剤」で色を抜いていくしか方法はありません(素材自体の色落ちにもご注意下さい)。
 「カビ取り・シミ抜き」 お勧め商品一覧
床材自体の大きな傷 補修 ワックス塗膜だけでなく、フローリング自体を大きく損傷した場合は、クリーナーやワックス等では、きちんと直すことはできません。床材専用の補修グッズで、修理する事をお勧めします。
 床補修品 商品一覧

<< 一覧へ戻る

ページの先頭へ

お問い合わせ先

ご質問・お問い合わせは、全て下記 「お問い合わせフォーム」より、お問い合わせ下さい。

お問い合わせ先 <24時間受付> →

弊社担当が迅速に対応させて頂きます
お問い合わせフォーム

ページの先頭へ